印章の歴史

わたしたちは日常生活やビジネスの場面で、主に公的文書に対して印章を捺印することがあるでしょう。また私的な用件、たとえば宅配物の受け取りの際に受け取ったことを確認するための印として印章を捺印、手紙の最後にサインがわりに捺印するなど、どんな形態や役割であれ、印章を捺印する場面はさまざまなところでみられます。印章の歴史はとても古く、紀元前5000年古代メソポタミア文明にまで遡ります。当時は、粘土版に捺印する形態のものや、円筒形のものを転がして捺印するものなどが存在し、役割としては宝物の護符であったとされています。

紀元前3000年頃の古代エジプトでは、印章にヒエログリフ(楔形文字)が刻印され、宗教的な役割を果たしていました。それが発展するうちに封印のしるしや認証、証明、権威の証といった印章がつくられ、定着化します。シルクロードを通じてアジア圏には紀元前4~5世紀頃に中国へと伝来され、そこから日本へと伝わったとされています。

日本最古の印章は「漢委奴国王」と刻まれた金印で、この印章の内容については諸説ありますが、権力者を象徴する印として用いられたことはほぼ間違いないでしょう。この頃からの流れで公文書には必ず権力者あるいは地位のある人の印章が捺印されるようになり、その習慣が江戸時代の庶民文化のなかで私文書のやりとりにも用いられるようになったとされています。現在も責任や権力をあらわす印として、本人の存在を証明するものとして、官庁や企業レベルから個人に至るまで、さまざまな印章があります。

[特集]
日常生活やビジネスの場面で使える印鑑を販売している通販サイトです・・・印鑑